FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

少女漫画を読んでみた

何十年ぶりかでモトさんの漫画を読みました。

それについての考察(ただ意味もなくとりとめもなく頭に思い浮かんだこと)を書こうと思いますが、下ネタ(?)に言及しますので、モトさん(あるいは少女漫画)のイメージを壊してしまうかもしれないため、以下は閲覧注意でよろしくお願いします。

設定、あらすじ、キャラにはどうしても触れてしまいます。細かくネタバレするようなことは書かないつもりですが、それに関しても閲覧注意でお願いします。

しょっぱなから注意書きばかりで申し訳ありません。
読んじゃったあとで読むんじゃなかったと思うような内容だった場合、私があやまってすむのならいいのですけど、不快になったりのその気持ちはどんなにあやまっても取り返せるもんじゃないので、よろしくお願いします。

そうまでして書きたいネタなのかと自問自答しますが、とりあえず頭に浮かんじゃったから出したいのです(笑)

萩尾望都先生は高校生のころ一番読ませていただいてて、好きな作品は『ポーの一族』シリーズ、『11人いる!』『アメリカンパイ』などです。

それがなぜ急に読みたくなったかというと、ネットで講演されてた内容を読んだからで、マンガ家として生きる道をご両親が、特にお母様がなかなか認めてくださらなかった、そのあたりのモトさんの<母と娘>感みたいなものが『イグアナの娘』に表れているというようなことを初めて知りました。

ドラマ化されて有名な作品ですが、私は読んだことがなかったので、もし図書館から借りられたら読んでみたいと思って検索したのがきっかけでした。

結果的に残念ながらその作品は蔵書になかったのですが、読んだことのない文庫本がいくつかあったので、借りてみることにしました。

そのなかにバレエの漫画があって、最初はよくあるヤツかなあと思ったんですけど、違って、最終的に私には、親が誰なのかをめぐるドタバタ劇に読めてしまったんです。

そういう読み方をした(というか読めてしまった)私には、この作品のテーマは『相手を愛していれば自分の子じゃなくても愛せるか、自分の子として面倒を見続けることができるのか』みたいな感じです。

これってなんか少女漫画(定義を論じるつもりはないのであくまでもイメージとしての)には重たいテーマだと思うけど、もともとモトさんはそういう作風なのでいいのです。

さて。
私が書きたいのは、そこともちょっとずれていて。
というのも、よくある話ですが、子供ができた、親は誰?って、女性(母親)だけがわかると言いますよね。

ところがわからないひとがひとり出てきます。(本人わかってたのかな、わかってない風に読んじゃったけど。)

これって、完全にフタマタですよね。

しかもです。

まず避妊をしていない。

恋多き女なのにです。
恋多き、なのでしょうか。
普通にビッチではなく?
女性側の避妊の手立てもいくらでもあります。
中学生や高校生ならいざ知らず、大人の女性です。
しかもヨーロッパのかたです。
日本より知識もありそうだし、ピルとかも使いそう。

そして男性側。

ゴムはどうした。
つけたのか。
破れちゃったのか。
つけないで出しちゃったのか。

はたまた不良品で穴があいていたのか。

ちなみに、ひとりはアラフィフ(たぶん)、ひとりは20代。

しかもそれだけじゃない、まだ別にあるの(笑)似たような案件(?)が。
主人公が計算してみたら浮気も絡んでくるらしい・・・

ゴムはどうした・・・(以下略・笑)

もうね。
そんなことばかりに頭がいっちゃって。

いわゆる成人女性向けの雑誌の漫画じゃないんですよ。(たぶん)。

あのモトさんのきれいかわいい絵柄で、こんな下ネタ想像したくないわけですよ、私は。
メインはバレエだし。(たぶん)。

そんなこと言ってたらドラゴンボールも読めないだろうと言われそうだけど、あれはちゃんと夫婦間で子孫を残しているわけですからまた別のお話です。


話が脱線した。

愛があるなら、(ってか、子供が欲しくてのエッチじゃないなら)むしろちゃんと避妊して、みたいな風潮あったような気がするし。

それってデキても産んで育てられる環境だったらしなくていいことだったっけ?

愛ってなんだろう。

愛しているからエッチしたくなるのか?

というより、本能として(子孫繁栄があり、そのためにエッチせねばならないから)性欲があり、子孫にとってのよりよい遺伝子を選択するために愛が生まれるような気がする。

この場合、おじさんから同年代に心変わりした女性が矢も楯もたまらず青年に迫り、愛していると千回言って結婚しようと頑張る話にも読めちゃったりする。

もしかしたら少女漫画(@イメージ)というよりはもっと大人向けの雑誌に描かれた作品かもしれないけど、大人になっていやらしく下卑た自分を思い知った感は否めず・・・(;´д`)トホホ

思えばモトさんの漫画に限らず、子孫繁栄に関わらない刹那的な作品を好んで読んでいたような気がする。

前述の、ポーシリーズしかり、アメリカンパイしかり、11人いるしかり。
竹宮恵子しかり、木原敏江しかり。

そしてそして。

少年漫画では、仮にシーンとしてはほのめかし程度だったにせよ、恋愛からのエッチ後に妊娠したなんていう漫画は読んだことがない。ような気がする。

そのマンガは、昔なので(?)、DNA鑑定せずとも落ち着くべきオチで落ち着くべきところにおさまるのですが、なんだかもやもやしたなあ、その件だけは。

ちなみにほかに借りたモトさんのコミックスはそういうのはなくて、若いころに戻ったようなとてもいい精神状態になり、たまに読んでみるのもいいなあと。

懲りずにもう数冊予約しています。

スポンサーサイト



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる