FC2ブログ

雑記帳

***下から目線で***

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

勢いに乗って(笑)

今日はタクのやさしさについて書きます(笑)

私が実際にタクと会う前のこと。
ネットで知り合ったひととなんてどんなひとで何されるかわかんないし、普通だったら決して会わないのですが、壁のなかから鳴き声が聞こえたので壁を壊して子猫を救ったというのを知って、このひとなら会うくらい大丈夫かなあとなったわけです。

先日お祭りにいっしょに行ったのも、具体的にはわかんないけど、やっとの思いで仕事をしている障害を持つ男子と。

昼の職場で、年下だけど立場的には上の管理職のひとがいて、そのひとがタクの仕事ぶりにケチをつけるんですよね。
仕事を離れれば、お客さんで店に来てくれたり、壊れたものがあったらかわりのものを貸してくれたり、なかなかいいひとなんですけど、障害男子はいびるし、タクの仕事が遅いというの。

タクも言われないだけの仕事をしている自負があるので、同じ仕事をしている大ベテランさんたちについてみてもらったら、ちゃんとできてるって言われたと。

なので、自分の立場を利用して理不尽なことを言ったり(そういうひとに限って自分は無能だったりする)無責任な教え方や答え方をするひとはどこにでもひとりはいるから、何を言われてもスルーするようにアドバイスしたりしてました。

タクだから半分くらい言い返したりして乗り切ってるけど、下手したらパワハラですよね、この時代。

そんな管理職が、別のクライアントのところに空きができたからということで異動になりまして。
タクとはかかわりなくなりました。
わたしだったらザマーミロと両手を挙げて大喜びして祝杯をあげるところですが、タクったら。。。

そうなったらなんだかかわいそう・・・ですって。。。。。

なんだか左遷に感じられるらしい・・・そのひとのまた上のひとはけっこうそのまた上からそいつの言動の件で厳しく言われて体を壊しかけていたようなので、押しも押されぬ問題人だったから、実際左遷かもしれないし、いなくなったほうが全体的にもやりやすいはずなんですけど・・・

そんなフェミニストは、私の最も苦手とする手合いでして、世界のひとびとに鬼であっても私だけに優しい人が好きなのになんで今この状況になってるのかよくわからない・・・・(苦笑)

そして そうだよね~って返信してしまったんですよね…まったく思ってもいないのに・・・(苦笑)
スポンサーサイト



| その他 | 14:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LINE

ここに越してきたときにはそういうことばかり書かないブログにしようと思ってのことだったのですが、以前のブログは一応恋愛中心のブログでした。

そのブログ時代から執念深く、何度となく繰り返してきた問題にLINE問題というのがありました(笑)

ざっくり説明すると、タクがスマホにしたときに、LINEを始めて、お店の名刺とかにもLINEのQRコードを入れたりして、タイムラインていうの?あれにいろいろ投稿しだしたんですね。

私はメールのやりとりで十分だったし、メールだと着信音がタクだけ変えられるけど、LINEは一括でしか変えられなかったり、スタンプばかりになってちゃんと文章の返信がなくなるような気がして、あまり乗り気じゃなかったんだけど、一応LINEでつながったんです。

ところが何日もたたないうちにブロックされてる状態になっていたの。
これはいろいろ調べたから間違いないってことになり、タクにブロックしたでしょ?ってメールしました。すぐにね。
思えばあれは夏だったような気がするなあ。3年前の夏のことになるのかな?

そしたらブロックどころか削除したらしい、私のIDを(苦笑)

まあ、メールのやりとりで用は足りるからいいと思ったんだろうと思うけど。

でもひどいよね~別にケンカしたわけでも縁が切れたわけでもないのに、しかも一方的に。

私のショックだった気持ちは伝えたんですけど、復活はしなかったんですよね・・・

それが私の最大のコンプレックスになっていたんですよ。ずっと何年もの間。

お店に来るお客さんがタクのタイムラインを見て、『〇〇に行ってきたんだね~』とか会話してるのを横目に見ながら、こっちに話振られたらなんて言おうとかそんなことばかり考えていました。

LINEだと、最悪PCでもやりとりができますよね。
スマホを置き忘れたりなくしたり、修理に出したりしたら、タクとまったく音信不通になってしまうのもとてもイヤで怖かったです。
幸いなことにそんなことにはならなかったんですけどね。

それがひょんなことから通話する必要性ができまして。
キャリアのかけ放題でもできなくはないけど、時間制限とかあるので、思い切ってLINEのQRコードを送ってみたんですよ。

そしたらね。

登録してくれてたんです、いつのまにか。


でも、でも、でもですよ!

タイムラインは見れないままなんだなあ、これが。

私が送ってあげた画像とかUPしてるくせにさああ・・・


タイムライン見れないんだったら意味ないんだけどね。

でも、ホームでつぶやいてるのは読めるようになったので、それだけでもよしとしとこうと思います。



| その他 | 15:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ああああ

やばい広告でちゃってました・・・・orz


写真のUPの準備もないし・・・・


あ~~~ネタないか、ネタ~~~


終わっちゃったけどサッカーのワールドカップ、見れる時間帯のだけ見てました~~~

ヨーロッパ勢強かった~~~


イングランドは4位になりましたが、毎回ジンクスというか、世界的なビッグアーティストのM・Jさん。

彼が応援すると(ツイッター含めw)母国イングランドは負けるという・・・

前回どころか前々回もそうだったらしく。

そして今年。


インスタをチェックするとヨーロッパツアーの直後らしい。

Mさんのお身内らしきかた(子だくさんw)とバンド専用ジェットとか。

そしてついにモスクワ・・・!!!

そして・・・・イングランドの試合を観戦してるォ━━(#゚Д゚#)━━!!

まさにその観戦した試合で

イングランド敗北・・・・(´・_・`)

・・・・・・


たまにウソでもいいからフランスとか応援してみればいいのにねえ・・・それは無理だわね。。。




ちなみに、サッカーファンは、こういう大きな大会だけ夢中になって観戦するわたしのようなニワカを嫌悪し、だったらJリーグをちゃんと見ろ、とおっしゃるのですが。

なんか違うんですよね・・・

90分があっというまに過ぎていくほどおもしろいのって、ワールドカップだけなんだよなあ・・・・




ちょっとワールドカップロスなわたくしです。

| その他 | 15:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お花のバトン

お花バトン

Q1 お花をもらった事、あげた事はありますか?
A1 もらったこともあげたこともあります
Q2 何の花が好きですか?
A2 桜 チューリップ バラ 藤 ひまわり アネモネ ・・・ライラック たんぽぽ とりあえずこのくらいで
Q3 お花といえば?
A3 カーネーション お花の名前はカーネーション一番好きな花~って歌があったので
Q4 今年、お花見に行きますか?
A4 行きます
Q5 どこにお花見に行きたいですか?
A5 実現しなくてもいいなら京都のなんかすばらしいところ、東京の桜の名所、大阪造幣局の通り抜け

| その他 | 13:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あるアコーディオン弾きの死

最近耳にする訃報は突然死が多くてたまりません(涙)

有名人ではおおすぎれん氏。

昔私の好きだった人が出たC級ホラー映画にわりと重要な役で出ていたのがおおすぎさんでした。
結局好きだった人はその他大勢すぎて見つけ出せず、超おかしな役で登場していたおおすぎさんだけが深く印象に残ったという映画でした。

いろんな役をテレビで見るたびに役を選ばないかたというイメージを思い出していたものでした。

いっしょに飲んでいた仲間が数時間後には帰らぬ人となる・・・いっしょにいた松重さんもさぞつらかったでしょう。

身近では私の趣味の仲間で、さほど個人的には親しくはしてなかったのですが、顔を合わせれば話もしましたし、間接的にお世話にもなっていたかたが突然職場で倒れ、夜にはもう亡くなってしまったそうです。

仲間たちのなかで連絡取れないぞ~ということになり、親御さんも亡くなっていて独身だったので、近所まで行って聞き込み(?)してそれがわかったそうで、仲間たちに伝わったのは約ひと月後でした。

先週は私も一度だけ研修旅行でお会いしたことのある取引先関係の税理士の先生が、ある朝出社してこないので、秘書(?)のかたがおうちまで様子を見に行ったところもうすでに亡くなっていたとのこと。
高齢でしたが前の日まではいたってお元気で数日前には弊社の管理職も会っていました。

奥様とは別居されていて、そのことをお知らせしてもけんもほろろだったそうです・・・(悲)

そして土曜日に知ったのですが、地元に限らず全国をまたにかけてアコーディオンでパリの音楽を演奏してまわっていたかたが客死したと・・・

彼との出会いは10年前くらいかな。
近所のバーでたまたま会って、酒の席ですからいろいろな話をして、とても大きな器の素晴らしいかただと感じ、とてつもないオーラも感じ、ぜひ演奏を聴いてみたいと思っていたところ、これまた近所のお祭りイベントで演奏を聴くことができ、さらにはこれまた近所のレストランの庭の桜の木の下で演奏するということを知りそこでも聴き。。。

なぜかどの場所も私の大好きな場所で、夏の暑さのなかのお祭りも大好きだったし、桜も大好きだった・・・

実際に会ったのはその数回ですが、いずれも好き×好きなシチュエーションだったせいか、彼のことも大好きでした。
なんとなく人懐っこくておおらかでまわりのひとを明るくさせる不思議な力がありました。

彼の終焉の地は横浜。

知人と数名で楽し過ごした後すっかり酩酊して自力では帰れず、知人のかたが自宅まで車で連れ帰り、熟睡している彼を車に寝かせておいたそうです。
しばらくして様子を見に行ったら冷たくなっていたと・・・・(泣)

横浜からお骨を抱いて地元に帰られたお父様の心中はどれほど無念だったでしょう・・・・(涙)

彼だけが病死ではなく、そこまでの寿命だったとも思い難く、私でさえ悔しく思うのですから、身近な人たちはいかばかりかと。

40代でした。

こんな話なんで長々書いてるんだろうと不快に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私なりのメメントモリです。

ともすれば寿命があることなんか忘れてしまう自分へ。

毎日を大事に生きようと、たまに思いながらも、日々に流されてなんとなく生きてしまっている自分への。

もう10年前のことなのに、桜の木の下で、背の高い椅子に座ってアコーディオンをいとし気に抱いて、幸せ顔で演奏している彼の姿が目に浮かびます。

| その他 | 15:40 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT